手軽に使えるキャッシング

手軽に使えるキャッシング

キャッシングとは日本で生まれた和製英語で、お金を借りる(cash)にingを付けた言葉で、一般的に「お金を借りる」ということをいいます。
この言葉が生まれたのは80年代後半で、お金を借りる方法にとローン貸付という意味の英語が一般的に広まっていたのですが、主にローンというイメージは住宅ローンやマイカーローンといった大口融資というのが一般的ですが、日常生活で使う程度の小額の融資をイメージさせる言葉として生まれたの「キャッシング」です。では、目的別にカードローン選び方を学んでみましょう。

 

「目的ローンでお金を借りる」

銀行には利用目的を決めて借りる目的ローンがあります。
たとえば、将来を考えてマイホームを建てたい、車を買い替えたいという場合、住宅ローンやマイカーローンでお金が借りられます。
これらの目的ローンでお金を借りるときは、多くの書類を用意しなければなりませんし、担保設定や保証人を誰かにお願いすることで利用できるようになります。
申込をしても審査に時間がかかり、融資までに時間がかかります。
また借りたお金は直接住宅会社やカーショップへ入り、あとは返済を続けるだけになり、追加融資を申し出るときは、改めて書類から用意しなければなりません。

 

「キャッシングでお金を借りる」

キャッシングは、消費者金融がこういった大口融資とは別に、サラリーマンを対象にした小口のお金を貸すことから始まりました。
今では銀行もキャッシングに力を入れ、多くの銀行がカードローンが積極的に顧客獲得をするようになっています。
キャッシングでお金を借りるときは保証人や担保を用意する必要がありません。

 

担保になるのは申込者の信用度だけで、正社員だけでなくパートやアルバイトをしているかたでも申込ができます。
審査で信用できる申込者と判断されれば無担保でお金が借りられます。
目的ローンは追加融資を申込むとき、書類から用意して同じような手順を経て借りるようになりますが、キャッシングは審査で融資限度額が決まればその範囲内なら何度でも追加融資が可能で、追加融資の面倒な手続きは必要ありません。

 

「キャッシングの申込先が選べる」

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどで申込ができます。
一般的に言われているのが、すぐにお金が必要なときは多少金利が高くなりますが消費者金融、銀行カードローンは低い金利が魅力的で、金利を低く借りたいときは銀行カードローンがおすすめです。
また、ショッピングやキャッシングの両方で使いたいときは、クレジットカードでキャッシングすることもできます。
自分がどういう使い方をしたいのかを決めることで、どこへ申込みをするのがよいかが見えてきます。

消費者金融でキャッシング

消費者金融でお金を借りるということに対して、あまりよいイメージを持っていないかたもおられますが、現在は貸金業法の改正や銀行グループと提携したり、テレビCMでイメージ回復に努力しています。
現在消費者金融を利用しているかたは1,400万人とも言われ、7~8に1人が利用しているということから見ても現在の消費者金融は大きく変わり、過去にあったようなことは法律で厳しく規制されるようになっているので安心してキャッシングが始められます。

 

「消費者金融でキャッシングをするメリット」

銀行と消費者金融を比べた場合、銀行は主に企業や目的ローンといった大口融資で利益をあげていましたが、消費者金融はもともとサラリーマンを対象にした小口融資に特化してお金を貸していたので、これまでに積み上げたデータや審査のノウハウは銀行とは比較にならないほどの審査能力があります。
そのため消費者金融は申込から融資までが1時間程度で終わるというスピード融資を可能にしています。
同じキャッシングでも銀行カードローンと比べると、大手消費者金融は、申込をしたその日にお金が借りられるという即日融資ができるので、急にお金が必要になったときでも安心してお金が用意できます。

 

また、銀行カードローンでキャッシングをするときは、ある程度のステータスが必要と言われていますが、消費者金融は幅広く融資をおこなっていますので、パートやアルバイトといったかたでも年収があればお金が借りられます。

 

「消費者金融は高めの金利がデメリット」

消費者金融は銀行カードローンに比べて少し金利が高めということがデメリットと言えます。
しかし、金利の差といってもわずか数%程度なので、短期で返済するつもりならこの差はほとんど影響しませんし、すぐに借りられるといった利便性を考えるとさほど大きなデメリットとは言えません。

 

「専業主婦のキャッシングが難しい」

消費者金融は総量規制の対象になります。
そのため融資限度額は年収の3分の1以内となるので、この範囲を超えた申込をしても上限は年収の3分の1以内になります。
また、年収が必要ということになりますので、無収入の専業主婦がキャッシングをするときは総量規制の除外項目にあたる「配偶者貸付制度」が利用できるようになっているのですが、この制度は書類審査や調査に時間がかかり、採算が取れないことから現在中止または廃止にしているところがほとんどなので現実は消費者金融のキャッシングはできなくなっています。
パートやアルバイトで収入を得ている兼業主婦のかたはこれまでどおり、消費者金融のキャッシングは申込できるので心配ありません。